人と動物の架け橋 アニマルコミュニケーション・アニマルヒーリング
トップページ > ギャラリー

お客様の声Experinces
                                   戻る

セッションを受けて下さった方から、感想やその後の報告をいただきました。
動物さん達の変化をお聞かせくださると、私にとっても励みや自信につながります。
ぜひ、【こんなことがあったよ~!】等、お話しくださると嬉しいです♪
許可をいただいた方のご報告を掲載します。

 
 
セッションを受けたクライアントさんが アニマルコミュニケーションの様子を
文章に起こしてくださいました!

☆クライアント  ぱんださん
Kくん(♂)  1歳数か月で、空へ
Tくん(♂)  5歳
Mちゃん(♀) 4歳

**********************************************************************
今日はさいたま新都心まではるばるお出かけ。
心屋繋がりで知った、のぞみんさんの主催する 癒しのミュージアムへ。
・・・そのなかで、お会いしてみたかった先生がおりまして。
アニマルコミュニケーターのむっちゃんさん。
亡くなってしまった
Kとお話がしたくて、
ずっとアニマルコミュニケーションして もらいたかったんだけど、
今日、機が熟してお会いすることになりました。
ペット本人がいるか、写真があればペットの心を 通訳してくれる、
と言うアニマルコミュニケーション。
KTの写真を持って行きました。


まずは
Kとお話。

ぱんだ(以下ぱ):病気して苦しくなかったの?
K:薬嫌だったー
ぱ:病気にさせちゃってごめんね。
K:僕は自分で1年くらい生きるって決めてたから、
  病気にはなったけど、オカンのせいじゃないよ。
  ゴメンネいうのはおかしいよ。

ぱ:号泣。…4ヶ月しか一緒に居られなかったけど、しあわせだった?
K:もちろん!1年くらい生きるって決めてて、その内の4ヶ月でしょ!
  十分だよ! だから、自分のせいで病気になったなんて 悲しいこと言わないで!
   病院行くのも、薬も嫌だったけど、オカンといっぱい一緒にいれて
  しあわせだったよ!

ぱ:そうかー。良かった。もうゴメンネ言わないね。ありがとう。
   ところで、ウチに来るのを待ってたの?
   (この子達は子猫の盛りを過ぎて中猫になってからうちに来ました)
K:1年くらい生きるって決めてたから、色んな人に会いたいと思ってた。
  待ってたって言うか、自分の好きなところに行こうと思ってたら
   オカンが来たから、行こう!って決めたの。

ぱ:そうなんだ、ありがとう。でも、あんまり家に人が来なくてごめんね。
   でも、人が来ると真っ先に挨拶に出てたよね。 嬉しかったんだね。
  おかげでこんな猫居るんだ?って、猫観が変わったよ( 笑 )
K:ゴメンしないでー。いろんな人に会えたよー。うれしかったよー。
ぱ:うんうん、ありがとうね。

コミュニケーターさん(以下コ):そばにいるなら合図してー?
K:左足のトコにいるよー。あったかい?
ぱ:あ、居る。あったかい。おいで。ひざのる?鞄どかすね。おいで!
K:おいでじゃなくて~抱っこしてして♪
ぱ:変らず甘えん坊だなー(笑)よしよし。

コ:何か伝えたい事は有りますか?
ぱ:アタシ今すごいしあわせだよー。
kちゃんも幸せでいてね!
K:いつも見てるから知ってるしー。それに僕はいつでも幸せだよ!
   魂はオカンといつでも一緒にいられるもん!

ぱ:うちに来てくれてありがとうね。
K:そう思ってるかな、とは思ってたけどあんまり言ってくれないから、
  心配した事もあるよ… 。でも、やっぱりね!知ってたしー!

コ:これからはいっぱい言ってあげてくださいね。
ぱ:はい。ありがとね!
K:うん。
ぱ:ところで、
Tのことは覚えてる?
K:忘れるわけ無いじゃん!アイツは良いお兄ちゃんだったよ!
ぱ:
Tも幸せに暮らしてるよー。
K:知ってるしー!
ぱ:病気してから、いじめられなかった?
K:え?いつも通り遊んでくれたけど、僕の体が動かなかった。
  もうちょっと頑張れよーとは言われたけど、
  1年て決めてたし、しょうがないよね。

ぱ:
Kちゃん、次はなにしたいの?応援するよ?
K:しばらくこのままー。自由が良い!
コ:病気で体が動かなくなったけど、今は煩わしい肉体を捨てて楽だそうです。
ぱ:そうなんだ。じゃ見守っててね。
K:うん、いつでもそばにいるよ。
ぱ:でも、
Kちゃん撫でられないのは淋しいなー。
K:その分Tの事撫でてよ。その時は僕もそばにいるから!
ぱ:そっか、今でも充分なで倒してるよ。( 笑 ) ありがとね。

T編
ぱ:
Kの事覚えてる?
T:うん、いい兄貴だった。
コ:あれ?2人でお前が兄貴だろとか言い合ってる。( 笑 )

ぱ:どっちでもいいよ。( 笑 ) 居なくなってどう思った?
T:遊び相手いないなー、淋しいなー。
ぱ:そうかー。ところで、
Tちゃんはよく喋ってるけど、Kちゃんと喋ってるの?
T:Kのご飯は僕のものー!
ぱ:え?( 笑 ) 具体的に言うと、トイレの前に何叫んでんの?
T:うれしーー!って言ってる。ウンコするとスッキリするでしょ?
   だから嬉しくて叫んでるの!うれしー!出る!って。

ぱ:やっぱりか。( 笑 ) てか、ウンコをトイレの中でしてよ。
  はみ出てることよくあるよ。
T:え?!トイレから出てんの?!うそー!
ぱ:そう思ってないならいいや、しょうがない。( 笑 )
コ:困ってるなら伝えられますよ?
ぱ:いや、本人自覚がないならいいです。
   何か不満があってしてるかと思っただけなので。
   で、今は
Mちゃんがいるけど、どう思ってるの?
  いっつも追い掛けてるけど、きらいなの?
T:Mは可愛い。可愛いから追いかけちゃう。
コ:
Mちゃんも嫌ではないみたいです。
  小学生の男の子が好きな子をからかっちゃう、って感じ。
ぱ:なら良かった。なかよくしてね。
  でも、いつも
MちゃんTちゃんのご飯食べちゃうけど、足りてる?
T:Kの分食べるから大丈夫。でもわすれてるでしょ?
コ:お供えとかしてました?
ぱ:はい、前はしてたんですがしなくなったので…
   じゃぁ今度から3人前用意します。
T:そうしてよ。忘れないでよー。Kのご飯は僕のものー!
ぱ:はいはい。

ってな具合で、20分程お話させてもらいました。
TちゃんKちゃんも、きっと天真爛漫で 明るい性格
なんだろうなーとは思ってたけど、コミュニケーターさんが
感じ取った 2人の性格も同じだったみたい。
アタシもコミュニケーターになりたいんです、 って言ったら、
もうなってるじゃないですか!
やっぱりー、とか、そうだよねー、 って分かってたじゃないですか! って。
アタシ持ってたわ。( 笑 )
でも、今度はもうちょっとはっきり分かるように 勉強したいなーと思ったのでした。
あと、
Kの病気は仕方のないこと、と思ってる自分と、
もっと何かしてあげたかった自分とのせめぎあいは 今でもあるけど、
K本人が決めてたことならしょうがないな。
ゴメンネされるのは嫌って言われたから、もう言わない!
そばにいるって言ってたからそれを信じる事にします。

あー。道中これ書きながらもポロポロ泣いたりして、 完全不審人物だけど( 笑 )
今日は心のデトックスだから良いのだ! と言うことで、行って良かった!
また行こう!
んで、もうおうちは目の前。 早く我が家に戻ろう♪

********************************************************************

どんな形で亡くしたにせよ、 もっとこうしてあげていれば、とか
こうしてあげたっかった、とか そうゆ~気持ちって少なからず出てきてしまいます。
私もそうでした。 でもほとんどの子は【ごめんねなんて言わないで】って言うんです。
動物達って、過去を嘆いたり未来を憂いたりしません。
【今】を生きてる。 死ぬことを怖いことだとも思っていません。
私はアニマルコミュニケーターを目指すとき 自分のペットロス経験を活かそう!
と決めました。 後悔しないで最期を見送ってあげられるように・・・
そんなお手伝いができるアニマルコミュニケーターで ありたいと思っています。
【ウチに来てくれてありがとう】 【今までありがとう】 って、
穏やかに見送ってあげられたら・・・いいな。

******************************************************************
その後のご報告もいただきました。

ホント、
Tのトイレの件は旦那にも話して、 みんな大笑い。
で、そんな話を横で聞いてる
T。 ちょっとムッとした顔してましたが、
【かわいい!って意味だからっ♪】 て言っときました。
表情が豊かなので機嫌が良いのか悪いのか すぐ分かります。(笑)
あと、
Kの分のご飯を用意したら、 ちゃんとTが食べてました(o´艸`)

T君、お空へ帰ったK君のご飯を 【ぼくが食べる】って言ってたもんね。
おかんに【
Kのご飯用意するの忘れてる】って。
ちゃんとおかんに伝えたよぉ~!
おかんも約束通り、
K君のご飯用意してくれたね♪

ぱんださん、対話形式に起こしてくださって嬉しいです。
セッションの様子がよくわかります。
ありがとうございました!!!

ページトップへ戻る
Copyright(C) Alfheim All Rights Reserved.