人と動物の架け橋 アニマルコミュニケーション・アニマルヒーリング
トップページ > ギャラリー

お客様の声Experinces
                                   戻る

セッションを受けて下さった方から、感想やその後の報告をいただきました。
動物さん達の変化をお聞かせくださると、私にとっても励みや自信につながります。
ぜひ、【こんなことがあったよ~!】等、お話しくださると嬉しいです♪
許可をいただいた方のご報告を掲載します。

 
 
【きらら】ちゃんとのアニマルコミュニケーションをさせてもらいました。
ほんの数分のセッションでしたが、その後のきららちゃんの様子も
報告してくださるのぞみん。
セッションから約3か月・・・ きららちゃん、どんなふうに変わったのかな?

**********************************************************************

8月:癒しのミュージアムにて
きららちゃんはおばあちゃんの家で飼われていた子。
そのおばあちゃんがいなくなり、2か月ほど(?)ひとりぼっちで
その家にいたところをのぞみんが引き取ったそうです。
(引き取って2年くらい経ってるらしい)
でも、のぞみん家に来てからもある部屋に引きこもったきり、
ご飯の時にソッと出てくる・・・。
どうして撫でさせてくれないんだろう?懐いてくれないんだろう?
と悩むのぞみんの依頼。

【一人が好き。一人がいい。】
私にはそう聞こえました。 一般的に猫らしい性格・・・と言えばそうなのかな。
でも、どうも寂しさを感じる。
それから、撫でられるのは【怖い】と感じてるみたい。
というか、人の手が怖いっていう方が近いかな。
もしかしたら、おばあちゃんに叩かれてたことがあるのかも。
おばあちゃんと暮らしてた時のことはのぞみんも分からないだろうけど、
怖い思いをした記憶が残ってるみたい。
それから、きららちゃんをイジメる猫さんが 少し前まで同居してたらしい。
その子は今は一人暮らしののぞみんの娘さんの所にいるから、
もう嫌なことはないはずなのにね。

この時のセッションでは、あまり深く突っ込めませんでした。
数日後、のぞみんからメッセが届いた。

【きららはきっと傷ついてる。アニマルカウンセリングが必要だよ!】

!!!!!!!!!!!!!

さすが心屋流認定講師!!!
この時、私は飼い主と動物さんとの絆を深めるためのセッションだけじゃなく、
傷ついた動物さんの心を緩めるようなセッションをしていこうと強く思いました。
大きなヒントと気づきをもらいました。
のぞみん、ありがとう!!!

さて、きららちゃんですが、のぞみんが
【私はぶったりしないよ。大丈夫だよ。】と伝えたところ、
少しずつ部屋から出てくるようになり、
さらに【撫でて】と甘えてくるようになったそう。

そしてつい昨日、フェイスブックにUPされてた記事。

【おしりポンポンして~♪いっぱい撫でて~♪】
って甘えまくりのきららちゃん。
ホントはいっぱい甘えたかったんだね。
怖くないって安心したかったんだね。

【言わなくてもわかる】は人間同士でも難しいこと。
異種間のコミュニケーションならなおさら【伝える】ことは大切です。
きららちゃん、良かったね♪

ページトップへ戻る
Copyright(C) Alfheim All Rights Reserved.